50歳女100キロからのレコーディングダイエットブログ

100キロからのレコーディングダイエット。

「ゼロカロリー」飲料は本当は0kcalじゃない!?食品表示のルール

 

f:id:setochiyo1970:20210518113214j:plain

ゼロカロリー飲料は本当は0kcalじゃない

 どうしても甘い飲み物が飲みたくなってしまった時に気になってしまうのがカロリー。最近は、「カロリーゼロ」「カロリーオフ」「ノンカロリー」といった炭酸飲料水やスポーツ飲料水などがたくさん販売されています。ですが、これらの食品は実際にはカロリーは「ゼロ」でなく微量にカロリーを含む場合があります。

食品のカロリー表示は法律で決まっている

 なぜカロリーが0ではないのに「0kcal」と表示しているかというと、食品に関する法律が関係しています。 食品衛生法、JAS法、薬事法、健康増進法などに様々な規定があり、それぞれの法律に基づいてさまざまな規制があるのです。

エネルギー量に関する表示のルール

エネルギー量は、以下のように表示できることになっています。

■「カロリーゼロ」「ノンカロリー」と表示できる基準
100ml当たり5kcal未満

■「カロリーオフ」と表示できる基準
100ml当たり20kcal未満
100ml当たり20kcal未満だと、「低カロリー」「カロリー控えめ」「ダイエット」と表示することもできます。

 栄養成分の内容量が一定基準を下回っていれば、「無」「ゼロ」「ノン」「レス」とも表示することができます。

 例えば、「ゼロカロリー」と書かれた飲料水でも、500ml当たりのカロリーが24.9kcalなら「0kcal」と表示してもよいのです。これはスティックシュガー2本分(1本3g)のカロリーに相当します。

 「0kcal」と表示している商品は一定基準を下回っているということを意味する用語で、本当は「0」ではない場合が多々あります。ですから、「ゼロカロリー」と書いてあることで安心して飲みすぎないようにしたいものです。

0kcalのコーヒー・お茶

 飲料でカロリーがない代表は“水”です。無糖のコーヒーやお茶など0kcalの飲み物は多数販売されています。ですが、実はコーヒーやお茶は厳密に言うとカロリーがあるのです。
 ブラックコーヒーのカロリーは100gで4kcal、緑茶は2kcalとわずかではありますがカロリーはあります。市販されている無糖の缶コーヒーも100gで4kcalというエネルギーは一緒なのですが、 市販品の栄養表示基準で「100gあたり5kcal未満の食品は、0kcalと表示してよい」 という基準があるため、缶コーヒーやお茶のカロリー表示は“0kcal”になっています。

0kcalの清涼飲料水

 清涼飲料水の「カロリーゼロ」は、本来はカロリーがあるものを化学的な添加物、つまり人工甘味料を使って“0kcal”にしています。 これらの「カロリーゼロ」飲料水は上記の通り、実際にはカロリーが0なわけではないので、飲みすぎに注意しましょう。

 また、人口甘味料の摂りすぎも下痢の原因になったりして、体にどのような影響があるか分からないので、気を付けたいものです。

まとめ

「ゼロカロリー」は食品の表示方法に過ぎず、実際にはカロリーがあるということを、ぜひ知っておいていただきたいです。

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

【PR】