せとちよ料理帖

家庭料理のレシピ

今年は二人きりのクリスマス

f:id:setochiyostyle:20201225201743j:plain

飾り付けが控えめなクリスマスツリー

 二人暮らしの我が家にもクリスマスがやってきました。今年は家族が亡くなったり、私自身が癌で手術をしたりと大変な一年でした。同じ時期に癌で入院していた家族と私。家族は亡くなり、私は生きている。そのことが私をとても感慨深い気持ちにさせます。

 クリスマスには毎年、ツリーを飾って、少しだけクリスマスらしい食事をしたりします。貧しい一人暮らしだった頃には考えられなかったような贅沢です。私は40歳近くまでずっと一人で暮らしていたので、イベントごとをする習慣もなく、イベントで浪費をするくらいなら老後、病気やけがの万が一の時のために一円でも多くお金を貯めておきたいという世知辛い感覚で過ごしていました。

 ですが癌になって、老化が始まって、貧しいながらも日々を楽しく丁寧に生きることこそが、良き最後を迎える一番の方法ではないかと思えるようになってきました。

 

f:id:setochiyostyle:20201225202147j:plain

カリカリに温めたケンタッキー・フライド・チキン

 夫も今年はお母様を亡くし、私の癌闘病に付き合い、家族の大切さに思いをはせたのか、私の大好きな高級ケーキ屋さんで我が家には不釣り合いな高価なお値段のケーキを買ってきてくれました。

f:id:setochiyostyle:20201225202207j:plain

浦和の有名洋菓子店アカシエのクリスマスケーキ

 今年のクリスマスは浦和の有名洋菓子店アカシエの「桂木利平(かつらぎりへい)]

というケーキを買いました。毛呂山の「桂木」というゆずの品種と日高の「利平栗」という栗の品種をふんだんに使ったキャラメルムースのケーキでとてもおいしかったです。

f:id:setochiyostyle:20201225203703j:plain

今年は三品のみの質素なクリスマス

 今年は私の体調が悪いことが多く、二人きりのクリスマスなのでパーティーらしいことはせず、夫が買ってきてくれたケンタッキー・フライド・チキンとケーキに、私の作ったミネストローネでまったりとしたクリスマスを過ごしました。

 わたくし、実は今年で50歳になりました。今年は癌で臓器を失ってしまいましたが、それでも、失ったものを数えるのではなく、持っている物、残っているものを数えて、残りの人生を充実したものにしたいと考えています。

。o○★Merry☆ Xmas★。o○

 

【PR:073】