体重100キロ女のダイエットブログ*超肥満体の食事記録

50代体重100キロ、超肥満女のレコーディングダイエット・食事記録ブログ。

海ぶどうの塩漬けは本物の海ぶどうとは別物・塩漬け海ぶどうの戻し方

沖縄料理店で海ぶどうを知る

 沖縄出身の友達と沖縄料理店に行った時、つきだしとして出てきたのが「海ぶどう」。食べた瞬間に虜になってしまいました。口の中でプチプチはじける塩味と海草のあじ。 実はワタクシ沖縄料理は大好物なのですが 何せ外食はお金がかかるので度々沖縄料理店で豪遊というわけにもいかず… と思っていたところ、近所のスーパーで沖縄食材特設コーナー設置されていて、海ブドウの塩漬けなるものが販売されていました。

海ぶどうの塩漬けの戻し方

 一応、海ぶどうなのですが、生わかめみたいに塩をまぶして加工した状態で売っていました。 それを、水でもどすと、もとのプチプチの海ブドウに戻ると箱に書いてあったのでやってみました。 が、もどし加減が難しい。 短いと、ぷちぷち感がいまいち。長いと塩気が抜けて味がいまいち。

 出来上がりはこんな感じなのですが、お店で食べたときの感動はありませんでした。 加工品(塩漬け)だから本物ほどおいしくないの?と思ったり、それとも初めて食べた時の感動が大きすぎたから、いまいちに感じるのかな?と思ったりしていました。

海ぶどうの塩漬けは戻し方が難しい

 私のもどし方が下手だったからうまくできなかったのか、加工してあったから本来のおいしさがでなかったのか、しばらく分からない状態でした。 結局、沖縄出身の知人に聞いてみると、「海ぶどう」は沖縄では生で売られているもので、塩漬けなんて見たこともないとのことでした。やはり、塩漬けの海ブドウは沖縄では受け入れられていない模様です。おそらく、スーパーの特産品展などでお土産物的な扱いで販売されている商品のようです。

買うなら「生」の海ぶどう

 さらに、海ぶどうが大好きな友達も塩付けを買ってみたことがあるらしく、 「ああ、あれは、おいしくない。無理。もう買わない。」 と、一刀両断でした。その友達はデパートの沖縄物産展で「生」の海ぶどうを仕入れてるらしくて、 それは問題なくおいしいとのことでした。

結局、海ぶどうの塩漬けはどうやってもおいしくないという結論にたどり着きました。海ぶどうを買うときは「生」のものを買うべしとという教訓を得た経験でした。

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

【PR】